【個人向け】ステップメールの作り方を5Stepで解説!

北野
北野

ステップメールってどう書くの?
売れる書き方があるのかな?

この記事ではそんな悩みを解決します。

「ステップメールが良いらしい」とは聞くものの、いざ、書こうとすると文章が思い浮かばなかったり、書いたところで商品が売れなかったりするものです。

それもそのはずで、競合の情報をリサーチしたところ、公開されている大半のメルマガ情報はかなり古いものが多かったです。

私もこの業界に入って長いので、消費者の消費行動の変化やそれに合わせたセールスアプローチの変化の流れをずっと見てきました。

今は昔とは違い

・メールの到達率が落ちてきている
・精読率が落ちてきている
・メールを読まなくなってきている

と言った問題が浮上してきており、色々と前提条件が変化しています。

数年経つと街の状況が変化するように、Webでも同じ様に変化が起こり、その変化に合わせ戦略も時代と共に変えていく必要があります。

また、情報発信している人のステップメールの成約率にもカラクリがあるので、その辺も踏まえつつ「最新のステップメールの作り方」についてお伝えしていきます。

 

ステップメールの作り方を5Step

結論からお伝えするとステップメールは以下の5つのステップを踏んで作成しましょう。

1.ステップメールの目的を絞る
2.ターゲティングを細かく絞る
3.ゴールから流れを逆算する
4.各要素ごとに材料を集める
5.実際に文章を肉付けする

1つずつ深掘りします。

 

1.ステップメールの目的を絞る

最初にステップメールの目的を絞りましょう。

・商品を販売するのか?だとしたらどんな商品か?
・無料相談や無料セミナーへの参加を促す

など細かく見ていくとステップメールの中でも「狙いたい目的」が微妙に違うのです。

どういう目的があり、最終的に読み手にどんなアクションを取って欲しいのか?を明確にし途中で目的がブレないようにしておきましょう。

 

2.ターゲティングを細かく絞る

目的を明確にしたら次は「ターゲット」を具体的に明確にしましょう。

一概に「ビジネスに興味がある人」みたいなターゲット選定をしたとしても、ビジネスのジャンルは幅広いですし、読み手のニーズやストーリーの背景も違います。

20代若めだとチャレンジングな気質の人が多いかも知れないし、中高年層だと手堅く家族を養うという方面からの切り口の方がより刺さるかと思います。

いずれにせよ、ターゲットを絞らない事には、「より刺さるメッセージは書けない」ので、具体的に細かく設定をしましょう。

 

3.ゴールから流れを逆算する

目的とターゲットがバチっと決まったら、コピーライティングのフレームワークに合わせて「ゴールから流れを逆算」してその手前に必要な要素をピックアップして下さい。

フレームワークは

・PASONAの法則
・アイドマの法則
・Questフォーミュラ

など、好きなものや使いやすいものを選択すると良いと思います。(本質的にはどのフレームワークも言いたい事は同じなので…)

ポイントはゴールから逆算して考える事です。

そうする事により、ゴールまでブレない「良いステップメールの流れ」を作る事が出来るのです。

 

4.各要素ごとに材料を集める

ステップメールの流れを決める事ができれば、各要素に必要な材料を集め具体的にしていきます。

例えば…

・商品のコンセプトは良いか?また言語化するとどうか?
・購買決定となる要因はどこか?
・提供価値を言語化すると?
・競合相手は誰になるか?違いはどうか?
・問題提起となる部分はどこか?
・権威性や専門性をどう表現するか?

という要素です。

ここが具体的に出来ていれば、文章そのものは肉付けするだけなので、難しくありません。

パズルの様なもので、後は文章構成に材料を当てはめていく様なものですね。

 

5.実際に文章を肉付けする

ここまで出来れば、あとは文章を書いていくだけです。

この手順を守りステップメールを作成すると思いのほか、簡単に文章を作成する事ができるでしょう。

大方、流れや材料は揃っているので迷う事もなく、慣れてくれば一気に書き上げる事も可能です。

もう少し踏み込んでおくなら

結論
根拠
具体例
結論

の流れを意識して1通ずつ書き上げると良いでしょう。

この流れだと良い流れで文章が書けると思うので、こちらのフレームワークも採用してみて下さい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は「【個人向け】ステップメールの作り方を5Stepで解説!」という事で記事を書かせて頂きました。

割とシンプルな工程なので、難しくないと思います。

ただ、従来のやり方より「文章を書く前の準備」の重要性が増してきているので、先端のテクニックよりも、「目的」や「ターゲット」「材料集め」の方に重きをおいて準備を行うようにしましょう。

それが「売れるステップメール」を作る最善の方法である事は間違いありません。

・まずは最終ゴールを明確にする
・ターゲットを絞るとより読み手に刺さる
・ゴールから逆算する
・文章を書く前の準備の方が大切

本日は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました