月30万円のアフィリエイト収入を得る為のシュミレーションをしてみた

月30万円のアフィリエイト収入 アフィリエイト
北野
北野

アフィリエイトで月30万円
の収入を得るってどんな感じなんだろう?

なかなか具体的なイメージが掴める人はいないと思います。

具体的なイメージができないという事は達成するのが難しくなり、アフィリエイトを挫折する原因の1つになり得ます。

この記事では「アフィリエイトで稼ぐ」という事は一体どういう事なのか?をイメージできる様にあらゆるパターンでシュミレーションを行ってみました。

結果や成果と言うものは漠然としたモノではなく、具体的な積み重ねの上にあるものなので、これからの具体的な動きを明確にする為にも参考にしてみて下さい。

 

月30万円のアフィリエイト収入を得る為のシュミレーションをしてみた

あなたはインターネットで売上を上げる為の絶対公式はご存知でしょうか?

それは

【売上】=【顧客数】×【商品単価】×【成約率】

で表す事ができます。

この公式の中で「今すぐに出来る事」かつ「すぐに結果がでる」2つの変数があります。

それは、【商品単価】と【成約率】の2つです。

今回はこの2つのアプローチから変数をいじり、シュミレーションを行ってみたいと思います。

 

商品単価からシュミレーションしてみる

まずは商品単価の方からいくつかのパターンでシュミレーションします。

ちなみにここでは【成約率】は共通して1%と設定します。

では、具体的にみていきましょう。

 

5000円の商品のケース

売上の公式に当てはめると

30万円=【顧客数】×5000円×1%

となります。

この公式から逆算し必要な【顧客数】を割り出すと6000人と言う顧客数が必要になります。

5000円の商品販売ページへ毎月6000アクセスを集め成約率1%の数字を取る事ができればアフィリエイトで30万円稼ぐ事が出来る様になります。

 

1万円の商品のケース

続いては1万円の商品です。

こちらも売上の公式に当てはめると

30万円=【顧客数】×1万円×1%

となります。

この公式から逆算して必要な【顧客数】を割り出せば3000人と言う顧客数が必要になります。

整理すると1万円の商品を販売する販売ページへ毎月3000アクセスを集め成約率1%の数字を取る事ができればアフィリエイトで30万円稼ぐ事が出来る様になります。

商品単価5000円の商品よりも少し現実味が帯びてきた様に思いますね。

 

2万5000円の商品のケース

続いてはさらに商品単価を高め2万5000円の商品のケースです。

こちらも売上の公式に当てはめると

30万円=【顧客数】×2万5000円×1%

となります。

この公式から逆算し必要な【顧客数】を割り出すと、なんと1200人と言う顧客数で良い計算になります。

商品単価が2万5000円ならば、商品販売ページへ毎月1200アクセスを集め成約率1%の数字を取る事ができればアフィリエイトで30万円稼ぐ事が出来る様になります。

このくらいのアクセス数と母体数であれば、何とか死に物狂いで頑張れば1年くらいで達成できそうなイメージができますね。

 

5万円の商品のケース

商品単価のシュミレーションはラストで5万円の商品で考えてみます。

こちらも売上の公式に当てはめると

30万円=【顧客数】×5万円×1%

となります。

この公式から逆算し必要な【顧客数】を割り出すと600人と言う顧客数が必要になります。

5000円の商品に比べ単価が10倍になっているので、当然集客数も10分の1で良い計算になりますね。

毎月6000アクセスなので、そこまで母体の大きなメディアでなくても、何とか工夫し、販売ページに見込み客を集める事ができればアフィリエイトで30万円稼ぐ事が出来る様になります。

もちろん、商品単価が高い分、セールス技術は必要になりますが…。

 

成約率からシュミレーションしてみる

続いては、商品単価ではなく商品を販売する確率(成約率)の方面からシュミレーションを行っていきましょう。

成約率を高める為には商品販売ページのコピーライティング技術を高めていく事で成約率を高める事ができます。

商品の魅力を伝える順番やアプローチ、キャッチフレーズなど、本当に些細な細かな部分を変える事で成約率は変動してきます。

もちろん、実際にやりながらテストしつつ、高めていく必要のある部分ではありますが、インターネット上のメディアであるならば最大3%くらいまで高める事ができます。

ここでは商品単価が2万5000円の商品単価でそれぞれ成約率の変動を捉えてみましょう。

 

成約率1%のケース

成約率1%をまずは公式にあてはめましょう。

30万円=【顧客数】×2万5000円×1%

となります。

こちらは商品単価の方でシュミレーションした通りの結果でしたね。

逆算し必要な【顧客数】を割り出すと1200人の顧客数が必要です。

では、ここから比較の面白いところなので、2%、3%と上がるにつれてどうなるか?見ていきましょう。

 

成約率2%のケース

成約率2%のケースだとどうなるか?

続いて売上の公式に当てはめてみます。

30万円=【顧客数】×2万5000円×2%

となります。

この公式から逆算し必要な【顧客数】を割り出すと、なんと600人の顧客数で月30万円が達成出来る計算になります。

先ほどの5万円の商品単価のケースと同じ顧客数で構わない計算になるので成約率を高めていく事は侮る事ができないのがわかります。

 

成約率3%のケース

最後は成約率3%です。

売上の公式に当てはめると

30万円=【顧客数】×2万5000円×3%

となりますね。

必要な【顧客数】たったの400人で、1日換算するならば、1日13アクセス分です。

つまり、1日13アクセスを商品販売ページに集める事さえできればアフィリエイトで月30万円達成できるのです。

このくらいになってくれば「いけそう」って思える様になってきたのではないでしょうか?

 

シュミレーション結果からの結論

このシュミレーションから考察していくと

・商品単価を高めるほど少ない顧客数で目標達成できる
・成約率を高めるほど少ない顧客数で目標達成できる

という事が分かります。

ビジネスの初期段階で最も難しく操作できない点は「顧客数を増やす」という点です。

つまり、ここから分かることは商品単価の高い商品を高い成約率で販売する事に集中する事が大切だと言う事です。

扱う商品の単価が安く、集客数を集めることにこだわってビジネスを行うほど失敗しやすくなり、意外とこういう初心者さんは多いです。

また、【商品単価】と【成約率】の2点に注目出来れば、やるべき事も自然と限られてきます。

例えば「5万円以上の商品を扱う」と決めればそれ以下の商品は対象外になりますし、自然とそれ相応の市場規模のあるジャンルに絞られます。

また「成約率を高める」事にこだわるなら「コピーライティングの技術を身につける」という必要性が分かりますし、身に付けたコピーライティングの技術を応用し、扱う商品の販売レターが売れるモノなのか?と言った見極めも出来る様になります。

この2点を基軸にしマーケティングを組んでアフィリエイトを開始する事でかなり成功しやすくなるでしょう。

このシュミレーション結果を元にぜひチャレンジしてみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?この記事では「月30万円のアフィリエイト収入を得る為のシュミレーションをしてみた」と言う事で商品単価のパターンと成約率のパターンの両面から考察してみました。

この様に売上や目標と言うものを具体的な数字で分解して考えてみると、かなりイメージが具体的になったと思います。

そして「できそうかも…」と思える事ができたのではないでしょうか?

また、シュミレーションから、さらに分解し行動を具体化する事で動き方まで明確になっていきます。

アフィリエイトで結果を出す為には、まずは「達成出来るイメージを持つ」事が先決ですよ。

・売上の公式を理解するのが大切
・最初は商品単価と成約率にこだわる
・成約率を高めるにはコピーライティングを学べ
・ビジネス初期で難しいのは顧客を集める事
・目標達成できる具体的なイメージを持つ事が大切

本日は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました