コンテンツSEO対策の5つのやり方【手順解説】

コンテンツSEO Webサイト
北野
北野

コンテンツSEO対策の
やり方の手順について知りたい

本記事ではそんな悩みについて解決していきます。

SEO対策と聞くとテクニックが解説された記事が多いですが、本当に大切なのはコンテンツ内容です。

つまり、良質なコンテンツを作成することが最大のSEO対策に繋がるので、コンテンツ記事を作成する5つの手順について、しっかりと確認していきましょう。

本記事の内容をご覧頂ければ、良質なコンテンツを作る方法がわかり、Webサイトの内部から高いSEO対策ができるようになります。

それでは見ていきましょう。

 

1.ジャンルを決める

まず、最初に行うことは、どんなジャンルやテーマでWebメディアを作成していくかを決定します。

間違いやすい点として、芸能人のような雑記的なブログを書いてしまう人がいますが、最初から知名度がない無名の個人は、1つの分野に特化して専門性の高い情報を発信する方が好ましいと言えます。

後ほど解説しますが、Googleが掲げている方針にも、その方がマッチします。

 

ジャンル・テーマの選び方

どのようにジャンルやテーマを選んでいけば良いのでしょうか?私がオススメする選び方は以下の3点です。

・好きなジャンル
・興味があるジャンル
・すでに知識があるジャンル

少しずつ深掘りします。

 

好きなジャンル

1つ目は「自分の好きなジャンル」から選んでいく方法です。

Webメディアを作成したら、基本的には長期的に運営していくことが求められるので、好きなジャンルでないと、長く運営することが難しいでしょう。

 

興味があるジャンル

2つ目は「興味があるジャンル」から選んでいく方法です。

今はまだ知識やスキルは乏しいけど、興味があり、長期的に学びながら学習していきたいと思えるジャンルだと、学習意欲があるのでモチベーションも保て長期的に運営していきやすいでしょう。

インプットとアウトプットを両方同時に行えるメリットもあるので、一石二鳥です。

 

すでに知識があるジャンル

3つ目は好きかどうかは分からないけど「すでに知識があり得意分野である」ジャンルを選ぶ方法です。

例えば、「本業の仕事で営業職を15年ほど経験している」「海外に5年ほど住んでいて英語に詳しい」といった感じで、すでに自分が得意としている領域なら、改めて知識やスキルを学習する必要もなく発信がしやすいのでオススメです。

 

2.キーワードを決める

ジャンルやテーマが決まれば、自然とメインで扱っていくキーワードが決まりますので、具体的にキーワードを選定していきます。

ここで行うポイントは主に2つで

・先に150個ほどキーワードをピックアップする
・サイトの構成まで決めてしまう

です。

そうする事で、ブレなく効率よく作業に取り掛かることが可能です。

 

先に150個決める

メインキーワードの関連キーワードや共起語からの関連キーワードなどから、キーワードを拡張させて、先に150個ほどのキーワードをピックアップします。

基本的には複合キーワードと言われる、2語、3語のキーワードから狙っていきます。

 

サイトの構成も決める

キーワードをピックアップしたら、キーワードをカテゴリーごとに分類して、サイトの構成も決めてしまいましょう。

また、販売記事と集客記事も明確に分けておき、どの記事同士を接続させるか?なども構成段階で決めておくと記事作成がすんなりと進みます。

 

3.検索意図を明確にする

ここまでできれば、後はコンテンツを作成することに集中することができます。

コンテンツ作成に置いて最初にやるべき事は「検索意図を明確にする」事です。

ユーザーは「なぜそのキーワードで検索したのか?」この意図を考え、意図に対する解決策を記事にするからこそ、評価されるコンテンツ記事になります。

 

検索意図を書き出す

検索意図を明確にするには、まず検索意図を書き出しておきます。

ある程、度慣れてくると頭でザッと理解し記事作成をする事はできますが、記事を書いている途中で検索意図からブレてしまうことがあります。

そうならない為にも、検索意図は書き出しておき、コンテンツ作成中は常に確認する様にいましょう。

 

もう少し深掘りしてみる

検索意図を明確にしたら、できればそこからもう少し深く突っ込んでみるのもオススメです。

例えば、「SEO対策 やり方」というキーワードなら

検索意図:SEO対策のやり方について知りたい
深掘り:なぜこのやり方が正しいのだろう?

と言った具合いで検索意図が読め、一個先を深掘りするのです。

本記事の様に、「SEO対策の5つのやり方」という検索意図に対する回答をした後、「なぜこのやり方が正しいのだろう?」と解決策を読んだ後に読み手が疑問に思う事に対しての回答を用意しています。

そうする事で、差別化を図ることもできますし、読み手のユーザーにとって優しい記事コンテンツになります。

 

4.記事見出し構成を作成する

検索意図まで明確にできたら、記事を書いていく為に「見出し」を構成します。

文章を冒頭から書いてしまう人も多いですが、必ず「見出し」から構成しましょう。

「見出し」を先に構成する事で

・本文の文章が書きやすくなる
・最初から最後まで一貫性のある内容になる
・文章構成を綺麗にすることができる

というメリットがあります。

 

上位サイト10個の見出しを参考にする

実際の「見出し」構成のやり方ですが、最初は狙っているキーワードで実際に検索し、上位10位までのサイトがどんな見出し構成で作られているかを確認しましょう。

Google検索にてトップに出てくるサイトは、言わば【答え】なので、評価されているからこそ、上位に存在しているのです。

当然ながら、見出し構成を参考にする事で、あなたの記事の構成も良くなります。

 

オリジナル要素を加える

見出し構成を参考にできれば、そこにあなただけのオリジナルの知見を加えていく様にします。

もしくは上位サイトには、ない切り口から書いていく事で差別化することができ、読まれる確率を高めることができます。

また、Googleには多様性を持たせる特徴がありますので、上位トップのサイトには、ない切り口で記事を書いた方が表示されやすくなります。(実際にトップ10サイトを比較してみると全部切り口が違う)

 

無駄な情報を省く

最後は無駄な情報がないか?を確認し、無駄があれば取り除き情報を最適化します。

記事に必要な情報は、「検索意図に対する答え」なので、それ以外の情報は基本的に不要になります。

良くありがちですが、網羅性を意識するせいか、言葉の基礎から解説している記事を良く見かけます。

特にこれからの時代は、そう言った、違った意味の網羅性は不要になってくると思うので注意しましょう。

 

5.良質な記事コンテンツを作成する

ここまで、出来れば見出しに沿って記事コンテンツを作成していきます。

良質な記事コンテンツとは「検索意図に対する答えがしっかりと用意されている記事」の事をさします。

具体的にはGoogleが公式に発表されているので、そちらに基づいた記事作成を意識されると良いでしょう。(検索エンジンはGoogleが提供するサービスなので)

 

Googleの10の真実

「Googleの10の真実」という事でGoogleが公式に発表しています。

理念みたいなモノなので、確認しておきましょう。

1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
2.1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
3.遅いより速いほうがいい。
4.ウェブ上の民主主義は機能する。
5.情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
6.悪事を働かなくてもお金は稼げる。
7.世の中にはまだまだ情報があふれている。
8.情報のニーズはすべての国境を越える。
9.スーツがなくても真剣に仕事はできる。
10.「すばらしい」では足りない。

引用元:https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

 

Googleガイドライン

Googleが公式に発表している、ガイドラインがあります。

SEO対策はGoogleに対抗する方法ではなく、共存する形で進めていくのが得策です。

最近は技術も進歩してきていますし、世界の頭脳の集合体なので、一個人や会社の工作などすぐに見破られます。

しっかりとガイドラインを確認し、ガイドラインに沿った形で記事コンテンツを作成していきましょう。

Googleのガイドライン

https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja&ref_topic=6001981

 

Googleの意向まとめ

ガイドラインを見て頂ければ、表示速度やスマホ最適化、コンテンツについてなどの、色んなルールが書かれています。

その本質は「ユーザーにとって役立つコンテンツなのか?」という1点です。

Googleは広告モデルでビジネスが成り立っているので、、Googleの印象を悪くする様なコンテンツは悪い評価を与え、Googleの印象をアップさせ、Google内に長くユーザーを留めてくれるコンテンツは評価されると言った非常にシンプルなお話です。

全ては「読み手のユーザーの為になるか?」という視点のみでOKです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?本日は「コンテンツSEO対策の5つのやり方【手順解説】」というテーマで記事を航海士巻いた。

・本当に大切なのはコンテンツの内容
・最初は1分野に特化する
・良いコンテンツとは検索意図の答えを用意された記事
・検索意図を1歩深読みできると差別化になる
・本文は必ず「見出し」から作る
・検索意図に対する答え以外は不要な情報
・共存する形で進めていくのが得策

以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました