Twitterでビジネスに繋がるプロフィールの作り方【7つのポイント】

ツイッタープロフィールの作り方 Twitter
北野
北野

Twitterの効果的なプロフィールは
どんなプロフィールが良いのでしょう?

この内容について記事を書いていきます。

良いプロフィールを作れるようになると

・フォローされる確率が高まる
・興味を持ってもらえる確率が高まる
・仕事の依頼につながる確率が高まる

という結果を得られやすくなります。

地味ではありますが、非常に重要な要素でもあるので、プロフィールを最適化していきましょう。

 

ビジネスにつながるプロフィールとは何か?

良いプロフィールを作る為には、良いプロフィールに必要な要素から理解していくのが近道になります。

最終的に自分のビジネスに繋げていく事をゴールとするならば、以下の4点を含めたプロフィールを作成するように心がけましょう。

・どんな情報を得られる人なのか?
・どんなメリットが得られる人か?
・他の人と違う部分は何か?
・実績や理由、根拠の提示

これらの要素をプロフィールに含めておく事で、パッと見たときに興味を持ってもらいやすくなります。

逆にこれを見て去っていく人は見込み客ではないので、必要な人だけを集められる形にしておくのが理想的な形になります。

以下、私のTwitterプロフィール画像ですが、こちらのプロフィールを題材にしつつ、深掘りしていきます。

Twitter検索18

 

どんな情報を得られる人なのか?

プロフィールに含めたい要素の1つ目ですが、「どんな情報を得られる人なのか?」を書くようにしします。

私のプロフィールなら『仕事やビジネス情報を発信』と言うのが該当部分になります。

店舗などで例えると「何屋さんですか?」と言う部分と同じなので、しっかりとわかりやすくアピールするようにしましょう。

逆にどんな内容や情報を得られるのかがわからないと、フォローをするべきメリットも明確にならないので注意しましょう。

 

どんなメリットが得られる人か?

続いて2つ目の要素ですが、「どんなメリットが得られる人か?」です。

私の例ならば『「マーケティング」×「コーチング」×「ヒアリング」3つのスキルを掛け合わせた独自のソリューション型のコンサルを提供』や『【完全無料】のビジネス基礎講座運営(18時間の講義)』あたりがここに該当します。

店舗で例えると「利用料10%offサービス件」や「スーパーの試食」と同じような無料プレゼントの役割を果たす効果があり、「プレゼントをもらえお得だから登録しよう」や「フォローしよう」と言う形でメリットをしっかりと見せていきます。

残念ながらTwitterを開始した初期の段階では影響力もなく、発信内容だけで与えられる価値は知れています。

それよりもプレゼントと言う形でわかりやすいメリットを与える方が効果が大きくなるでしょう。

 

他の人と違う部分は何か?

続いて3つ目の要素ですが、「他の人と違う部分は何か?」をアピールしていきます。

当たり前ですが、あなたと同じようなテーマで発信している先人達がすでにいる訳なので、その人たちとは違う部分を見せていかない事には選ばれる確率が落ちていきます。

私で言うならば『「マーケティング」×「コーチング」×「ヒアリング」3つのスキルを掛け合わせた』と言う部分が該当します。

1つの分野だけでは、上には上がいますが、スキルを複数掛け合わせる事により自分独特な市場を作り出すことができ、他人との違いを生み出す要素となります。

 

実績や理由、根拠の提示

続いて4つ目の要素ですが「実績や理由、根拠」などを提示していきます。

実力やメリットだけを与えるだけで、受け手は胡散臭く感じてしまうので、安心感を与える為には実績や証拠を見せていくのが効果的です。

私の例で言うならば『最大1億円のプロモーション | 年商10億規模の中小企業コンサル経験』と言う部分が該当します。

普段行なっている企業様へのコンサル経験やプロモーションのサポートを行なった実績などを書く事によりマーケティングのプロである事の証明をしています。

基本的にこれらの4つの要素を含めたプロフィール作成を心がける事で、最低限悪いプロフィールは避けることができるので、ぜひチェックポイントとして確認してみてください。

 

反応を高めるTwitterアカウント名の付け方

ここまで、プロフィールの話をしてきましたが、プロフィールだけでなく「アカウント名」も大切な要素になります。

アカウント名で注目を引くことができれば、プロフィールを見てもらえる確率を高めることができるので、最適化していきましょう。

効果的なアカウント名の使い方としては

・本名orニックネーム
・肩書きを入れる

この3つです。

アカウント名とは「看板名」の役割があるので、「名前+肩書き」をワンセットにして覚えてもらうように「ブランド構築」を意識したネーミングが良いでしょう。

名前に関しては「本名を使うか?」「ニックネームを使うか?」で分かれますが、どちらでも構いません。

肩書きですが、私で言えば『実践型ビジネス講師』と言う肩書きを名前の後に加えています。

ポイントは肩書きを見ただけで、「どんな発信をしている人かをだいたい想像できるようにする」のが大切だと思っています。

「実践型ビジネス講師」だと

・ビジネスの情報を発信している人
・発信だけでなく実際に実践もしている人
・実践している情報をタイムリー配信している
・講師なので「先生」をしている
・何か講座や塾を開いている

と言う部分は名前から、だいたい想像ができるはずです。

このアカウントを見た後にプロフィールに来てくれれば、興味を持ってもらえる可能性は高いと思います。

ある程度、私の影響力が高まってきたら、「AK通信講座」と言う名前をブランドとして押し出し「北野@AK通信講座の講師」と言う肩書きでブランド推しに変えても良いと思います。

アカウント名に関しては、このような役割を持たせるのが、良い使い方だと思います。

 

Twitterのプロフィール画像を整える

プロフィール画像ですが、感覚的に自分を訴えていく為のツールです。

特にビジネスで利用していくならば、アカウント名と同様にプロフィールを見てもらえる確率を高める為の要素であり、自分の情報を伝達する手段です。

限られた文字数ですし画像のスペースを有効活用して、出来るだけ情報を詰め込んだ方が、伝えられる内容が増えていくので、しっかり有効活用しましょう。

私が考える画像の使い方は、1枚の絵で「あなた」もしくは「あなたのビジネス」を伝えるならば?と言う発想から逆算し画像を考えてみてください。

感覚的な世界ですが、絵的な感覚で「自分らしさ」を表現し独自の世界観を作るのが良いでしょう。

アイコンに関しては、自分の顔写真があれば写真を、顔出ししない場合は似顔絵を書いてもらいそちらを利用すると良いと思います。

似顔絵はTwitter内で探しても良いですしココナラなどのサービスを利用して依頼するのも良いでしょう。

 

Twitter画像推奨サイズ(ヘッダー&アイコン)

続いて推奨の画像サイズですが「」「ヘッダー画像」と「アイコン画像」それぞれ解説を加えていきます。

 

Twitterヘッダー

Twitterのヘッダー画像とは

Twitterヘッダー画像

こちらの部分を指しています。

私で言うならば「Webマーケティングに関連するビジネス情報」を発信しているので、シンプルでおしゃれ、なおかつWebや通信講座をイメージできるような画像を利用しています。

画像の推奨サイズは「1500(横)×500(縦)px」なので作成するようにしましょう。

 

Twitterアイコン

Twitterアイコンは

Twitterアイコン 画像

こちらの部分を指しています。

私の場合は顔出しなしで発信を行なっているので、似顔絵を書いてもらいそちらを利用しています。

顔写真を出せる人は顔写真を使うのが良いでしょう。

画像の推奨サイズは「400×400ピクセル」なので作成するようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?本日は「Twitterでビジネスに繋がるプロフィールの作り方【7つのポイント】」という記事内容をお伝えしました。

1.どんな情報を得られる人なのか?
2.どんなメリットが得られる人か?
3.他の人と違う部分は何か?
4.実績や理由、根拠の提示
5.反応を高めるTwitterアカウント名の付け方
6.Twitterのプロフィール画像を整える
7.Twitter画像推奨サイズ(ヘッダー&アイコン)

以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました