Webマーケティングの仕事内容は主にこの3つ!必要なスキルも解説

マーケティング仕事内容 Webマーケティング
北野
北野

Webマーケティングの仕事内容って
具体的には何をするのかな?

Webマーケティングに興味があるんだけど
どんなスキルを勉強すれば良いのだろう?

本記事ではこんな問題について解決していきます。

AK通信
AK通信

Webマーケティングの仕事は
大きく分類すると3つに分かれるよ。

 

必要なスキルもここから
逆算する事で見えてくるので
しっかり説明していくね。

この記事を最後まで読む事で、Webマーケティングという仕事の全体の流れと仕組みが分かる様になるので、ぜひ最後までご覧下さい。

 

1.企画

Webマーケティングの仕事の1つ目は「企画」です。

仕事全体の流れ、人員配置、戦略、資金、目標設定など、プロジェクトそのものを立ち上げる仕事の芯になる部分です。

ここから、すでにマーケティングの仕事が始まっています。詳しく深掘りしていきましょう。

 

ゴールを設定する

企画の段階でプロジェクトがどこに着地するのか?ゴール設定を行います。

また、組織に属するとチームとして動く事もあるので、チーム全体の進むべき方向性として目印を設定する必要があります。

最初にゴールを明確にする事で、その後の企画が無駄なく一貫性を保ったままスムーズに進めるようになります。

 

運用方針を決める

続いて運用方針を決めていきましょう。

ゴールを設定すれば、そこにたどり着く方法は複数の選択肢があります。

人によっては意見がバラける事もあり、方針が定まっていないと、チームがバラバラになってしまいます。

そうならない為にゴールに向かって「この道を進む」という方針を最初に固めておきましょう。

 

コンセプト設計

ゴールや方針が定まった段階で、企画の中身に入っていきます。

コンセプトと言うのは「企画の見せ方」の部分であり、企画が成功するか否かはコンセプトで決まります。

地味で目立たない仕事ですが、商品やサービスは同じでもコンセプトを変えただけで、売上が数千倍以上に跳ね上がった事例はいくつもあるくらい重要な役割を示す仕事です。

かなりの時間や手間、コストをかけて入念に行われWebマーケティングの仕事において「核」となるスキルです。

 

KPIの設定

コンセプトが完成したら、コンセプトに基づき、戦略立案を行います。

この時にKPIの設定も行い、人員、資本、進行予定、目標数値など具体的にしていきます。

この戦略立案もミスってしまえば、ゴールとはかけ離れた方向に進んでしまうので注意が必要です。

プロジェクトの達成度に関して重要な役割のある仕事と言えます。

 

マネジメント

企画に関しては、Webマーケティングに加えて、チームを引っ張るリーダーシップや上手くまとめるマネジメントも必要になります。

誰をどの部署に配置し、プロジェクト進行を円滑に予定通りに進めなければいけません。

部下のメンタルサポートやモチベーション管理なども、仕事のクオリティー(品質管理)の為には重要になるでしょう。

これらがWebマーケティングにおける1つ目の仕事「企画」になります。

 

2.集客改善

続いてWebマーケティングの2つ目の仕事内容ですが、「集客の改善」になります。

ほとんどの企業の悩みや問題の大半が「集客」です。

ここを解決するのもマーケティングの仕事になります。

Webを使った集客の改善方法はいくつかあるのでご紹介していきます。

 

SEO

Web集客の代表的な方法とも言えるSEO集客になります。

自社のWebサイトやブログ、ホームページなど狙ったキーワードで検索エンジンの上位に表示させてアクセスを集めてくる方法です。

Webサイトの構成設計やキーワード選定、記事内容、デザインなど、Webサイトの運営に関する範囲は全てWebマーケティングの仕事内容ですが、仕事そのものは分業制で行なっている会社が多い印象です。

 

Web広告

続いてはインターネット上の広告を使って集客改善を行なっていく仕事です。

SNS広告やリスティング広告など、扱う広告の種類は複数ありますが、資金を使う分のリスクは伴いますが、SEOより速い集客効果が期待できます。

問題はかけた広告費よりも売上に繋がるかどうかであり、広告出稿から広告の最適化まで担当します。

 

メールマガジン

最近はあまり馴染みがないかも知れませんが、メールマガジンの管理もWebマーケティングの仕事の一部になります。

メルマガ読者の獲得や教育、販売、解除の回避など工夫しなければならない面は多く、意外とマーケティングスキルを要求されます。

メールは顧客情報と紐づき外部サービスに依存しないので、上手くビジネスに取り入れる事で安定性を高める事ができます。

 

LINE@

こちらもメールマガジンと運営やスタイルは似ていますが、違いは短文の世界であるということ。

メルマガが重要連絡ツールならば、LINEはコミュニケーションツールと言った感じです。

いかに親近感を訴求し、密なやり取りを行えるかが攻略において大切になります。

店舗型ビジネスとの相性が良いサービスです。

 

3.分析

Webマーケティングの仕事3つ目は「分析」です。

基本的にビジネスは実行した結果を元に改善を繰り返し成長していくものです。

従って、分析するスキルは必要不可欠です。

分析を行うことでボトルネックを発見し改善案を提示する能力が求められます。

 

データ解析

Webサイトであればアクセス解析やサーチコンソールなど、Web広告であれば、CVRやCPA、CPCなど数字データを解析して現状把握を行います。

そして、数字データを元にどこに問題(ボトルネック)があるのかを発見していきます。

最初に設定したKPIの数字と照らし合わせながら、目標数値に近づける為に分析を行います。

 

改善案の実施

分析を行った結果、どこをどの様に改善していき目標に近づくのか?

その改善案を具体的に提示し実施していきます。

その為には、データを正確に分析し問題を発見するスキルを身につけなければいけません。

また、課題を見つけた後にどう改善手を打っていくのかがマーケターとして腕の見せ所であります。

分析と改善を繰り返してビジネスは成長させていくのです。

これらもWebマーケティングの仕事として大切な仕事になります。

 

Webマーケティングの仕事内容からわかる必要なスキル

ここからわかるWebマーケティングに必要なスキルですが

・Webマーケティングスキル
・Webデザインスキル
・分析&改善スキル
・コミュニケーションスキル
・マネージメントスキル

この辺りが必要なスキルと言えます。

将来的にWebマーケティング職を考えるなら、これらのスキルを勉強しておくと良いですし、現段階でマーケティングを必要としているなら、これらのスキルを高める事で更なる活躍が出来る様になるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?本日は「Webマーケティングの仕事内容と必要なスキル」についての解説を行いました。

Webマーケティングの仕事は一見すると色んな業務内容があって、複雑に映るかも知れませんが、大きく捉えると、ほぼこの3つに集約されています。

シンプルに捉える事で全体が見え、全ての仕事の繋がりが意識できるかと思います。

・Webマーケティングの仕事はたった3つだけ
・企画立ては仕事の中核スキル
・ビジネスは分析と改善の繰り返し
・ボトルネックを発見するスキルは案外重要
・KPI数値に近づけよ
・改善案の提示がマーケターの腕の見せ所

本日は以上です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました